第13回かどや飲み会
「熟成酒を呑もう!」
 
 

暑さもようやく一段落した9月22日。
そういや2ヶ月ぶりの「かどや飲み会」に参加した。

今回の会場は、かどや酒店から歩いて10分足らずの「狸茶屋 ふるたに」という
とてもアットホームなお店。参加者は総勢24名。ほとんど貸し切り状態だった。

会場に着くと、お馴染みかどや店長がお出迎え。会費を払って席(珍しく座席指定)
に着くと、すぐ近くに親子(お子様は9ヶ月)連れが。飲み会に家族で参加している
ことに驚くも、それができるところが「かどやの飲み会」らしいかも、と思った。

今回は熟成酒特集ということだが、テーブルに置かれたお酒は、意外とフレッシュ
な感じの生酒が多い。かどや酒店自慢の冷蔵庫で、瓶のまま熟成したすっぴんの酒
が次々に出てくる。いずれも、搾った当初の荒っぽさが、うまい具合にまろやかに
なっていた。山廃純米あらばしり、なんてドギツそうなお酒でさえ、まろやか。
「お酒は変質しやすい」という特性を、上手く利用してできた熟成酒の数々。
熟成酒といえば古酒、古酒といえば飲みにくい、という認識を改めなければ・・。

お酒とともにテーブルに所狭しと並べられた、懐かしさ溢れる料理の数々(実家で
飲み食いしているような気になった・・・)。それを作ったであろう、店の大将と
お母さんのあったかい人柄。かどやの店長が、このお店に力を入れているのが、
よくわかるような気がした。
 

戻る